-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

opOpenSocialPlugin0.8.2リリース

02 / 25 水曜日 2009

開発チームの川原です。

opOpenSocialPluginのプラグイン単体のリリースを行いました。
OpenPNE3.0.2には今回リリースしたバージョンが同梱される予定です。

主な変更点

外部OpenSocialコンテナを利用するための機能の実装

0.8.1までのOpenSocialコンテナはプラグインに内臓されているものしか利用できなかったため、
同一のドメイン上で動作してしまい、セキュリティ上良くない問題が起きる可能性がありました。

また、OpenSocialコンテナであるShindigのバージョンが内臓のものでは、
Shindigの重大な更新に追いつけない可能性があります。

そこで、別ドメイン上にインストールしたOpenSocialコンテナ(PHP版Shindig)を利用できる仕組みを導入しました。
設定法に関しては、下に記した管理者向けドキュメントをご覧ください。

The Persistence APIの修正
opOpenSocial:generate-keyタスクの実装
PayPalアプリのバンドル(初期化時)

OpenPNE3.0.1に同梱されているバージョンからのアップグレード方法

フリーズされたOpenPNE3.0.1に同梱されているopOpenSocialPlugin0.8.1から
0.8.2へアップグレードする方法は以下のようになります。

まず、pluginsディレクトリに入っている opOpenSocialPluginをフォルダごと削除します。
(同梱されているバージョンが、プラグインチャネルサーバによる管理下ではないため
 この作業を行うことを推奨します。)

次に、OpenPNE3のプラグインチャネルサーバからopOpenSocialPluginを入手・インストールします。
これは以下のコマンドから行うことができます。

$ symfony opPlugin:install opOpenSocialPlugin –stability=beta

完了後、以下のコマンドでインストールされているかを確かめることができます。

$ symfony plugin:list

以下のような表示があるはずです。

opOpenSocialPlugin 0.8.2-beta # plugins.openpne.jp (plugins.openpne.jp)

テーブルの構造を更新します。

$ symfony openpne:update opOpenSocialPlugin 0.8.1 0.8.2

—-
【追記】2009/02/26 18:45
* これは フリーズされた3.0.1のやり方です。

trunkのr10852以降の場合は openpne:migrateタスクで行ってください。

$ symfony openpne:migrate –target=opOpenSocialPlugin

—-

キャッシュの削除をしてください。

$ symfony cc

管理者向けドキュメント

ただ今、作成中です。翻訳版も募集中です。
足りない情報を補っております。
http://sandbox.bucyou.dazai.pne.jp/opOpenSocialPlugin.html
http://trac.openpne.jp/browser/OpenPNE3/plugins/opOpenSocialPlugin/doc/ja/opOpenSocialPlugin.rd

パッケージのみを入手したい場合

パッケージ単体は、
http://plugins.openpne.jp/get/opOpenSocialPlugin-0.8.2.tgz
からダウンロードすることができます。

次回以降の更新予定

国際化において正常な挙動をしていない問題を解消する予定です。
目標:3月上~中旬

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
https://www.openpne.jp/archives/1450/trackback/

ページの先頭に戻る