-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

opOpenSocialPlugin1.1.0-beta, 1.0.1, 0.9.6 リリースのお知らせ

04 / 05 月曜日 2010

昨日 4月4日にopOpenSocialPlugin の最新版である、 1.1.0-beta (開発版)、および安定版の 1.0.1, 0.9.6 をリリースしました。

変更点等

1.1.0-beta

OpenPNE 3.5.x 以上で動作を確認している開発版です。 1.1.0との違いは以下の通りです。

改善

  • ライフサイクルイベントの実装
  • アプリごとのOAuthアクセス実装

バグ修正

  • 非推奨ヘルパー関数 include_list_box() を利用している箇所がある
  • 招待時のインストール済みメンバーが正しくない

1.0.1

1.1.0-betaで行われたバグ修正がされています。

0.9.6

ソースコードの品質改善等

アップデート・インストール方法

1.1.0-beta

1.1.0-betaは 3.5.x 以上での動作を確認しています。また、データベースモデルの変更等が含まれているため、必ずデータベースのバックアップを行って下さい。

OpenPNE3のディレクトリに移動し、以下のタスクを実行します。

$ ./symfony opPlugin:install -r 1.1.0 -s beta opOpenSocialPlugin
$ ./symfony openpne:migrate
$ ./symfony cc

ライフサイクルイベントや、ガジェットアプリでのリクエストに利用する鍵は以下で作成します。

$ ./symfony opOpenSocial:generate-key

画面に従い作成すると、 plugins/opOpenSocialPlugin/certs へ鍵が作成されます。

また、ライフサイクルイベントを送信する場合は以下のタスクをcronで定期的に実行して下さい。

./symfony opOpenSocial:execute-lifecycle-event

オプションとして実行時ごとのリクエスト数を絞り込むことができます。 –limit-request-app ではアプリごとのリクエストの上限、–limit-request は実行時全体のリクエストの上限を設定します。

1.0.1

1.0.1は、動作にOpenPNE3.4.xを必要としています。

OpenPNE3のディレクトリに移動し以下を実行します。

$ ./symfony opPlugin:install -r 1.0.1 opOpenSocialPlugin
$ ./symfony cc

新規インストールであれば、 openpne:migrate タスクを実行した後に キャッシュクリアを行うようにしてください。

0.9.6

0.9.6は、動作にOpenPNE3.2.xを必要としています。

OpenPNE3のディレクトリに移動し以下を実行します。

$ ./symfony opPlugin:install -r 0.9.6 opOpenSocialPlugin
$ ./symfony cc

新規インストールであれば、 openpne:migrate タスクを実行した後に キャッシュクリアを行うようにしてください。

バグ報告・リポジトリについて

opOpenSocialPluginに関してのバグ報告は以下で行うことができます。
http://redmine.openpne.jp/projects/plg-open-social/issues/new

また、ソースコードはGithub上で管理されています。

http://github.com/kawahara/opOpenSocialPlugin

今後のリリースについて

ドキュメントや、今後のリリースについては以下で見ることが出来ます。

http://redmine.openpne.jp/projects/plg-open-social/wiki/Wiki

1.2.xのリリースに向けては、モバイル対応を中心に進めていくつもりです。
また、外部コンテナ設置の手順を簡略化したいと考えています。

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
https://www.openpne.jp/archives/4821/trackback/

ページの先頭に戻る