-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

OpenSocial開発環境をそろえる その2 ~Partuza!導入~

10 / 21 火曜日 2008

開発チームの川原です。
前回に引き続きOpenSocialの開発環境を構築してみます。

この記事での設定をする前に、Shindigの設定をおこなってください。

OpenSocial開発環境をそろえる その1 ~Shindig導入~

今回はPartuza! の導入について、まとめてみました。

動作環境

前回のApacheとPHPの環境に加えて以下の環境が必要になります。

PHP

openssl, mysqli拡張が有効になっている必要があります、
また、「php.ini」のshort_open_tagは On にしてください。

(設定例)
「php.ini」の設定で

extension=php_openssl.dll
extension=php_mysqli.dll

の行をコメントアウトして

short_open_tag = On

が Off になっていれば On にしてください。
phpinfo()関数の結果で、上記の2つの拡張が有効になっていることと
short_open_tagが On になっているかを確認してください。

MySQL
4.1.x以上

Partuza! のチェックアウト

Partuza! を手に入れるために、前回のようにSubversionを
使いチェックアウトします。

リポジトリURL: http://partuza.googlecode.com/svn/trunk

opensocial2-1.gif

以下、説明のためチェックアウト先のディレクトリをpartuzaとします。

Partuza! のデータベースセットアップ

Partuza! のデータベースを用意します。以下のクエリを実行してください。

CREATE DATABASE `partuza` DEFAULT CHARACTER SET utf8;

次に、partuza/partuza.sqlをインポートします。

mysql -u username -p --default--character-set=utf8 partuza < partuza/partuza.sql

これで、partuzaデータベース内に、35個のテーブルが
作成されていれば成功です。

Partuza!自体の設定

「partuza/html/config.php」
で、接続に利用するための設定がされている必要があります。

以下の個所を、各自の環境に合わせてください。
(ブログシステムの関係で一部全角になっている文字があるので、コピーするときは気をつけてください)

'db_host' => 'localhost',
'db_user' => 'root',
'db_passwd' => '',
'db_database' => 'partuza',
'db_port' => '3306',

ShindigからPartuza!が用意したライブラリを使えるように設定

OpenSocialのアプリケーションが利用したいデータを取得・設定できるようにするために、
Shindig が Partuza! のデータにアクセスできるようにしなくてはいけません。

「partuza/Shindig」にある
「PartuzaService.php」
「PartuzaDbFetcher.php」

という2つのファイルがShindigに必要なライブラリになります。
これらのファイルを Shindig から使えるようにするために、
Shindig 側の設定をおこないます

前回にチェックアウトしたShindigにある、
「php/config」に「local.php」というファイルを作り
以下のようなコードを書き込みます。

<?php
$shindigConfig = array(
  'person_service' => 'PartuzaService',
  'activity_service' => 'PartuzaService',
  'app_data_service' => 'PartuzaService',
  'extension_class_paths' => 'Partuzaのチェックアウト先/Shindig',
);

また、「PartuzaDbFetcher.php」 には、Partuza! と同じくデータベースの設定を
する必要があります。

以下の箇所を、各自の環境に合わせてください。

$this->db = mysqli_connect('localhost', 'root', '', 'partuza');

(引数は次のようになります)
mysqli_connect(ホスト, ユーザ名, パスワード, データベース)

バーチャルホストの設定

http://partuza/
でPartuza!にアクセスアクセスできるようにします。

「httpd.conf」に以下の設定を追加してください。

<VirtualHost *:80>
  ServerName partuza
  DocumentRoot "partuzaチェックアウト先/html"
  <Directory />
    AllowOverride All
    Allow from All
    Order allow,deny
  </Directory>
</VirtualHost>

Apacheの再起動をおこない、hostsファイルに以下の行を追加します。

127.0.0.1 partuza

http://partuza/ にアクセスして、以下の画面がでれば成功です。

opensocial2-2.gif

次回は、OpenSocial対応アプリを追加してみます。

コメント:1

kzgs 08-10-24 (金) 1:23

手元の環境(ubuntu 8.x)だとGDが入ってなかったので,php5-gdパッケージを導入したらインストールできました
openpneが入ってるような環境だと問題ないのかもしれませんが,誰かの役に立てればと思い補足いたします

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/623/trackback/

ページの先頭に戻る