-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

OpenPNEのOpenID(プロバイダー)機能の使い方

08 / 22 金曜日 2008

  • TIPS
  • Mamoru Tejima

OpenPNEはVer2.12からOpenIDを発行する機能が搭載されています。

使い方は以下の通り。

1.OpenPNE2.12以上のSNSを用意する

2.config.phpを変更する

define(‘OPENPNE_IS_OPENID_SERVER’, true);

とします。

サーバの準備はここまでで完了です。

次は利用する方法。

3.SNSに通常メンバーとしてログインする

4.マイページ確認で自分のメンバーIDを確認する

この例の場合は7です。

5.OpenIDのURLを決定する

http://(SNSのURL)/openid/(メンバーID)

が自分のOpenIDになります。

この例の場合は
http://sns.openpne.jp/openid/7
です。

6.OpenIDを利用して外部のサービスにログインする

私のお気に入りサービス。Mindmisterにログインします。

OpenIDURLを入力してログインボタンを押す。

「許可」を押してログイン完了。

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:1

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/580/trackback/
ピンバック from Tweets that mention OpenPNEのOpenID(プロバイダー)機能の使い方|OpenPNE -- Topsy.com 10-05-14 (金) 22:33

[…] This post was mentioned on Twitter by repon. repon said: [B!] OpenPNE2でOpenIDに対応していたのね。この場合は、OpenPNEが「親」になるのか。 http://www.openpne.jp/archives/580/ OpenPNEのOpenID(プロバイダー)機能 […]

ページの先頭に戻る