-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

opCalendarPlugin 0.9.5 リリースのお知らせ

04 / 24 金曜日 2015

opCalendarPlugin リードメンテナの卜部です。

opCalendarPlugin 0.9.5 をリリースしました。

今回は Google Calendar の連携において OAuth 1.0 のサポートが 4 月 20 日で終了したため、
それに対応するための修正を行いました。

バグ、要望がありましたら、以下のページから作成ください。(チケット作成はRedmineに登録している必要があります。)
opCalendarPlugin チケット作成

インストールコマンド

$ ./symfony opPlugin:install opCalendarPlugin -r 0.9.5
$ ./symfony openpne:migrate –-target=opCalendarPlugin

インストール後、OAuth 2.0 向けの JSON ファイルを Google Developers Console から取得し 管理画面 (pc_backend.php/opCalendarPlugin) に登録してください。OAuth 1.0 を使っていた場合も新規に JSON ファイルを取得する必要があります。

OAuth 2.0 での対応と同時に行えるようになったこと

  • ・一つのプライマリーのカレンダーと紐付けられるのは SNS 内の 1 アカウントとする制限をいれた
  • ・Google Calendar 側で削除された場合、SNS 側でも削除を行うようにした
  • ・トークンを Revoke できるように改修した (SNS 内の連携しているスケジュール、アクセストークン削除、Google Calendar 側でトークンを無効にする)

主な修正 Version 0.9.5

  • バグ #3800: 公開していないカレンダーがSNSメンバー全員に見られてしまう
  • 機能追加 #3799: プライマリーのカレンダーと連携するようにする
  • バグ #3798: 別のSNSユーザーのメールアドレスとして登録されているGoogleアカウントを選択した時の表示が不自然
  • バグ #3797: Googleアカウント選択後にエラー
  • 機能追加 #3795: #3788 の修正のうちタスクの修正を行う
  • 機能追加 #3788: Google OAuth 2.0 へ移行する
  • バグ #2792: opCommunityTopicPlugin がインストールされていない環境だと エラーが発生する
  • 機能追加 #2117: Googleカレンダーのデータであることが示された表示をつける
  • 機能追加 #2114: 認可をSNS上でRevoke できるようにする
  • 機能追加 #2112: Google側で削除されたスケジュールをSNSで削除するようにする

修正の詳細については、opCalendarPlugin バージョン情報 0.9.5 をご覧ください。

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/12696/trackback/

ページの先頭に戻る