-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

UI変更を伴う機能追加の対応方法について検討中です。

02 / 17 日曜日 2008

OpenPNEへの機能要望は、チケットの形でまとめられています。チューニングに関する改善やAPIの追加など、ユーザーインターフェースに関係の無い機能要望は比較的早く答えられています。しかし大多数の要望や提供されるパッチは、UIの変更を伴います。

OpenPNEでは、見た目、使い勝手の一貫性を非常に大事にしているため、こうした機能追加については非常に慎重に取り組んでいます。とは言ってもこれまでは、コア開発者のカンに頼る部分が多く、公平さや客観性に欠けるという指摘が上がっていました。その意見には同意です。これまでは何となくの基準で、何となくUIを決めていたと思います。

この状況は改善したいです。

OpenPNEプロジェクトでは、対応方法を考え、ガイドラインにまとめています。

図のような形で、UI変更を伴う機能追加については、「UI検証チーム」なる物を新設し、そこで検討した上で実際の機能開発を行おうと考えています。このやり方でしばらくプロジェクトを進めていこうと思います。
(UIに影響を及ぼすプロジェクトで、一番うまく行っているのはFirefoxではないかな?と思っています。どのようなやり方でプロジェクトをうまく進めているのでしょう?知りたいです。)

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/410/trackback/

ページの先頭に戻る