-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

安定版 OpenPNE3.4.15 へのバージョンアップで発生する問題の改善のお知らせ

08 / 26 金曜日 2011

  • 2011/08/30 : この記事の本文を改訂しました。

OpenPNE 開発チームの卜部です。

昨日の記事で 「安定版 OpenPNE3.4.15 へのバージョンアップ差し控えのお願い」 として安定版へのバージョンアップを控える旨の告知をしましたが、opMessagePlugin の修正版をリリースし、その後、バンドルプラグインリストを更新し、2011年8月26日(金) 18時10分 の段階で、この問題が改善されていることを確認しました。

緊急で対応いただいた opMessagePlugin のリードメンテナーの高橋さんにはお礼申し上げます。

問題の概要

OpenPNE3.4.15 には opMessagePlugin 0.9.2 がバンドルされており、 opMessagePlugin 0.9.2 では OpenPNE 3.4 系では使用できない関数を使用していました。これによりメッセージ機能のページが正常に表示できず、メッセージ機能が利用できない状況となっていました。

この問題を受けて 2011年8月26日(金) に、この問題を回避した opMessagePlugin 0.9.2.1 をリリースしました。これに併せて OpenPNE3.4.15 にバンドルする opMessagePlugin のバージョンを 0.9.2.1 に変更しました。

これから OpenPNE3.4.15 を利用する場合

この問題の対応が行なわれた以後に OpenPNE3.4.15 をインストール、あるいはバージョンアップして利用される場合は、問題なく OpenPNE3.4.15 を利用することができます。

これは OpenPNE3.4.15 本体には改修を加えず、バンドルプラグインリストを変更することで対応を行ったためです。現在は OpenPNE3.4.15 には opMessagePlugin 0.9.2.1 がバンドルされています。

すでに OpenPNE3.4.15 を利用している場合

2011年8月26日(金) 18時10分 よりも前に OpenPNE3.4.15 をインストール、またはバージョンアップして利用している場合、 opMessagePlugin 0.9.2 が使われています。

以下のコマンドで opMessagePlugin 0.9.2.1 にアップデートできます。

$ php symfony openpne:migrate

安定版 OpenPNE3.4.15 へのバージョンアップ差し控えのお願い」に従って管理画面で opMessagePlugin を無効にしている場合は、設定を有効に戻してください。

修正内容

新規の環境にも関わらず/messageに遷移するとFatal errorが発生する

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/6321/trackback/

ページの先頭に戻る