-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

opDiaryPlugin 0.9.3 リリースのお知らせ

12 / 15 火曜日 2009

OpenPNE3 用の日記プラグイン opDiaryPlugin のバージョン 0.9.3 をリリースしました。

今回のリリースでは、メール投稿機能と管理画面の書き込み管理機能を追加しています。

v0.9.3 での変更点

  • (機能追加) #102: 日記のメール投稿対応
  • (機能追加) #103: 日記コメントのメール投稿対応
  • (機能追加) #108: 日記管理ページをbackendに追加する
  • (機能追加) #109: 日記公開範囲のデフォルト値をメンバーごとに設定できるようにする

詳しくは、Redmine の v0.9.3 バージョン情報のページ をご覧ください。

アップグレード手順

opDiaryPlugin 0.9.3 は、OpenPNE 3.2 系に対応しています。OpenPNE 3.2.x の最新版での使用を推奨しています。なお、OpenPNE 3.3.x 対応版に関しては別途 opDiaryPlugin 1.1.x としてリリースをしていく予定です。(この記事の最後でバージョン体系について説明します)

opPlugin:install タスクをバージョンを指定して実行することでアップグレードを行うことができます。

アップグレード後は cc でキャッシュをクリアしてください。


$ php symfony opPlugin:install -r 0.9.3 opDiaryPlugin
$ php symfony cc

現在インストールされているプラグインのバージョンは plugin:list タスクを実行することで確認することができます。


$ php symfony plugin:list | grep opDiaryPlugin
opDiaryPlugin 0.9.3-beta # plugins.openpne.jp (plugins.openpne.jp)

「opDiaryPlugin 0.9.3-beta」という表記が確認できればインストール完了です。

メール投稿設定手順

OpenPNE 3.2.x では携帯からのメール投稿が可能になっています。
opDiaryPlugin 0.9.3 ではこの機構を使って、日記と日記コメントのメール投稿に対応しました。

まず、OpenPNE 側の設定ファイルを編集します。
config/OpenPNE.yml.sample というファイルを config/OpenPNE.yml にコピーして編集しましょう。

  • base_url
  • mail_domain

の2つを環境に合わせて変更します。

メールサーバ側の設定は OpenPNE2 での設置手順とほとんど同じです。メールの内容を openpne:execute-mail-action タスクに渡せるように設定すれば OK です。

ここでは Postfix を使った場合の設定例を紹介します。


# /etc/postfix/virtual
example.com anything
@example.com openpne_user


# /etc/aliases
openpne_user "| php /path/to/openpne/symfony openpne:execute-mail-action"

以上で設定は完了です。

バージョン体系について

opDiaryPlugin v0.9.0 以降はOpenPNE本体と同様バージョン番号の2つ目の数字が偶数のものが安定版、奇数のものが開発版と位置づけています。

例:

  • 0.9.3: 開発版
  • 1.0.0: 安定版
  • 1.1.0: 開発版

今後 OpenPNE 3.2.x と OpenPNE 3.3.x 以降のバージョンで opDiaryPlugin もソースコードを別にして管理するために、opDiaryPlugin v1.1.0 として 3.3.x に対応した開発版をリリースしていく予定です。

バージョン 最新版 OpenPNE のバージョン 安定性
0.9.x 0.9.3 OpenPNE 3.2.x 開発版
1.0.x(予定) OpenPNE 3.2.x 安定版
1.1.x(予定) OpenPNE 3.3.x ~ 開発版

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/4056/trackback/

ページの先頭に戻る