-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

opCommunityTopicPlugin 0.8.1 リリース

04 / 06 月曜日 2009

opCommunityTopicPlugin リードメンテナの海老原です。

本日 2009/04/06(月)、 opCommunityTopicPlugin 0.8.1 をリリースしました。
OpenPNE 3.0.4 以降、このバージョンの opCommunityTopicPlugin が同梱されます。
OpenPNE 3.0.3 でインストールされるプラグインも、このバージョンのものに置き換わります。

主な変更点

  • トピック、トピックコメント投稿、トピックコメント削除後に別のトピックにリダイレクトしてしまう場合がある現象の修正
  • トピックコメントが1ページ目に最新のコメントが表示されない現象の修正
  • 携帯電話への対応
  • コミュニティイベント機能の追加

アップグレード方法

OpenPNE 3.0.0、 OpenPNE 3.0.1

OpenPNE 3.0.2 以降にアップデートをおこない、該当するバージョンの解説をご覧ください。

OpenPNE 3.0.2

これらのバージョンに同梱されている opCommunityTopicPlugin はプラグインチャンネルサーバの管理下に置かれていないため、 plugins ディレクトリ内の opCommunityTopicPlugin をディレクトリごと削除します。

その上で、以下のコマンドを実行し、 opCommunityTopicPlugin を入手・インストールします。

$ symfony opPlugin:install opCommunityTopicPlugin --release=0.8.1

インストールが正しくおこなわれているかどうかは、以下のコマンドで確かめることができます。

$ symfony plugin:list | grep opCommunityTopicPlugin

以下のような表示が確認できれば、インストールが正しくおこなわれています。

opCommunityTopicPlugin 0.8.1-beta # plugins.openpne.jp (plugins.openpne.jp)

この後、 openpne:migrate タスクを実行するのですが、 OpenPNE 3.0.2 の openpne:migrate タスクには以下のバグが存在し、生成されているキャッシュによっては実行が途中で中断してしまう可能性があります。
http://trac.openpne.jp/ticket/3754

そのため、一時的に config/ProjectConfiguration.class.php を変更する必要があります。現在の config/ProjectConfiguration.class.php のバックアップを取っておいてください。

$ cp config/ProjectConfiguration.class.php config/ProjectConfiguration.class.php.backup

config/ProjectConfiguration.class.php に対して以下のコードを追記してください。

if (PHP_SAPI === 'cli')
{
  ob_start();
  $configuration = ProjectConfiguration::getApplicationConfiguration(
    'pc_frontend', 'prod', false
  );
  sfContext::createInstance($configuration, 'default')->dispatch();
  ob_end_clean();
}

以下のコマンドを実行し、データベースを更新してください。

$ symfony openpne:migrate --target=opCommunityTopicPlugin

キャッシュの削除をしてください。

$ symfony cc

バックアップを取っておいた config/ProjectConfiguration.class.php を元に戻します。

$ mv config/ProjectConfiguration.class.php.backup config/ProjectConfiguration.class.php

以上でインストールは完了です。

OpenPNE 3.0.3

OpenPNE 3.0.3 においては、 opCommunityTopicPlugin 0.8.1 のリリース以降に新規で OpenPNE をセットアップした場合、 opCommunityTopicPlugin 0.8.0 ではなく 0.8.1 がインストールされます。
プラグインのバージョンは以下のコマンドで確かめることができます。

$ symfony plugin:list | grep opCommunityTopicPlugin

このコマンドの実行結果が以下のようになっていれば、以降の手順を実行する必要はありません。

opCommunityTopicPlugin 0.8.1-beta # plugins.openpne.jp (plugins.openpne.jp)

0.8.0 がインストールされている場合は以降の手順を実行する必要がありますが、 OpenPNE 3.0.3 の openpne:migrate タスクには以下のバグが存在し、生成されているキャッシュによっては実行が途中で中断してしまう可能性があります。
http://trac.openpne.jp/ticket/3754

そのため、一時的に config/ProjectConfiguration.class.php を変更する必要があります。現在の config/ProjectConfiguration.class.php のバックアップを取っておいてください。

$ cp config/ProjectConfiguration.class.php config/ProjectConfiguration.class.php.backup

config/ProjectConfiguration.class.php に対して以下のコードを追記してください。

if (PHP_SAPI === 'cli')
{
  ob_start();
  $configuration = ProjectConfiguration::getApplicationConfiguration(
    'pc_frontend', 'prod', false
  );
  sfContext::createInstance($configuration, 'default')->dispatch();
  ob_end_clean();
}

インストールされている opCommunityTopicPlugin が 0.8.0 の場合は以下のコマンドを実行することでアップデートをおこなうことができます。

$ symfony openpne:migrate

インストールが正しくおこなわれているかどうかは、以下のコマンドで確かめることができます。

$ symfony plugin:list | grep opCommunityTopicPlugin

以下のような表示が確認できれば、インストールが正しくおこなわれています。

opCommunityTopicPlugin 0.8.1-beta # plugins.openpne.jp (plugins.openpne.jp)

バックアップを取っておいた config/ProjectConfiguration.class.php を元に戻します。

$ mv config/ProjectConfiguration.class.php.backup config/ProjectConfiguration.class.php

以上でインストールは完了です。

OpenPNE 3.0.4 以降

opCommunityTopicPlugin 0.8.1 以降が標準で同梱されています。

パッケージのみを入手したい場合

パッケージ単体は、
http://plugins.openpne.jp/get/opCommunityTopicPlugin-0.8.1.tgz
からダウンロードすることができます。

このプラグインのメンテナを募集します

opCommunityTopicPlugin の臨時リードメンテナやりますで説明させていただいたように、 opCommunityTopicPlugin はコア開発者の海老原が掛け持ちでリードメンテナをやっています。
ただしコア開発の合間を縫って、ということなのでなかなか開発が進みません。
そのため、このプラグインのメンテナをやってくれる方を大募集します。「我こそは」という方は是非、臨時リードメンテナの海老原(ebihara@tejimaya.com)までご連絡ください。お待ちしています!

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/1696/trackback/

ページの先頭に戻る