-オープンソースのSNSエンジン OpenPNEプロジェクト-

EC2 年間割引始まる!割引適用後は月48.24ドル(月約4,710円)に。

03 / 13 金曜日 2009

OpenPNEを使うすべてのユーザーにとって朗報だ。

私がOpenPNEのホスティング先として注目している、クラウドホスティングサービス、Amazon EC2が長期割引サービスを始めた。

先に一時金を払うことで、以後の料金が値下げされる。一時金を払った後の料金は月額に直すと4,710円ほどになる。

「あらゆる組織にOpenPNEを提供する」
この目的のためには、ソフトウエアだけでなく、なるべく安価に運用できる環境を整備していく必要がある。

OpenPNEダウンロードして使ってもらうにも、運用費用は安い方が良いに決まっているし、OpenPNEホスティングサービスも提供価格の引き下げができるかもしれない。

詳細はテッククランチの記事、もしくはAmazon EC2のサイトで。

Amazon Web ServicesがEC2の新料金モデルを開始

顧客がリザーブするインスタンス毎に一時払い費用を支払うことによって、そのインスタンスの時間当たり利用料金が大幅に安くなる。(インスタンスはAmazonでのコンピューティング容量の単位のこと)。一時支払いするとそのインスタンスは予約され、それ以上の義務はない。顧客は消費したコンピューティング容量だけを支払えばよい。例えば、オンデマンドEC2 Small Instanceの料金は1時間当たり$0.10。EC2のリザーブド・インスタンスを1年契約すると、コストは一時払いのリザーブド・インスタンス費用と利用料を合わせて$0.067/時になる。Amazonは一時払い費用を「ハードウェア購入」、時間利用料を「運用コスト」になぞらえている。

.

コメント:0

コメントフォーム
お名前やメールアドレスを記録しますか?

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.openpne.jp/archives/1628/trackback/

ページの先頭に戻る